新アドイン "icMesh" 誕生

IRONCAD アクティブサポートご契約者様の無償特典

XYZ 各軸の座標点をもとに曲面モデリング&3D メッシュを作成

icMesh(アイシーメッシュ)は、XYZ 各軸の座標点の CSV ファイルをもとに、曲面のモデリングと 3D メッシュの作成を行うことができます。

計測データを読み込めば、フロアや地形などの状態確認も可能です。

生産工場の設備・レイアウト設計者など、より現場に近いフロア面情報をデジタル検討に取り入れたい方にオススメのアドインです。

icMesh は、IRONCAD の保守・サポートプラン『IRONCAD アクティブサポート (IC-AS) 』をご契約いただいたユーザー様に限り無償でご利用になれます。


  • icMesh は、IRONCAD アクティブサポート (IC-AS) をご契約いただくと無償でご利用になれます。
  • インストーラーは、IRONCAD のサポートサイト "ABC for IronCAD" よりダウンロードいただけます。

その他の新着アドイン

3D モデリング支援アドイン 3DGenerator

3DGenerator(スリーディージェネレーター)" は、IRONCAD の 3D モデリング支援アドインです。

3DGenerator は、2D の DXF データを IRONCAD のシーンに自動で配置し、3D モデル自動作成を行い、モデリングをアシストします。

面倒なトレース作業を軽減できる上、既存の DXF ファイルを活用することが可能です。

特典対象:IRONCAD アクティブサポート (IC-AS)


部品表作成支援アプリケーション icBOM

icBOM(アイシーボム)は、部品表の作成や編集にとても便利です。

IRONCAD の中で設定したアセンブリやパーツのプロパティ、BOM 情報を読込み、Excel へ書出すことができます。また、Excel から IRONCAD への書き戻しも可能です。

特典対象:IRONCAD アクティブサポート (IC-AS) / IRONCAD サブスクリプション (IC-SS)



IRONCAD アクティブサポート

設計業務を支援する 6 つのサービス

IRONCAD アクティブサポート (IC-AS) にご加入いただくと、

3DGenerator をはじめ、設計業務をサポートする以下のサービスをご利用になれます。

3DGenerator を含む、IRONCAD のアドインを無料でご利用いただけます。自動で配管ルートを割り出せる “ic 配管” や、プロパティ情報をまとめて設定できる “マテリアル”、修正したファイルの自動バックアップが可能な “icAutoSaver” など、便利なアドインを次々にリリースしています。

IRONCAD のカタログデータを無料でダウンロード。IRONCAD オリジナルデータなので、購入品とは異なり、IRONCAD の操作性を活かすことができます。今後の設計業務にぜひご活用ください。

IRONCAD のサポートサイト "ABC for IronCAD" がご利用になれます。知りたい操作方法や気になる機能があれば、すぐ検索。数百の解説動画の中から探すことができます。動画は随時更新中。目的の動画が見つからない場合は、コンタクトフォームからリクエストできます。


"IRONCAD Translator(アイアンキャドトランスレーター)" は、IRONCAD のデータ変換ソフトウェアです。IRONCAD 上で CATIA のネイティブデータの読み込み / 書き出しや、その他の主要な 3D CAD データの読み込みを可能にします。

IRONCAD テクニカルサポートは、メールによる操作サポートです。電話では説明が困難なお問い合わせも、メールであれば画面キャプチャのやり取りができるので好評をいただいています。

次期バージョンへのアップグレード権です。新機能や改善が追加された次期バージョンをご利用いただけます。



装置・治具設計がラクで速い!

機械設計向けミッドレンジ 3D CAD『IRONCAD』

『IRONCAD(アイアンキャド)』は、抜群の操作性を誇る 3D CAD。

『カタログ』からのドラッグ&ドロップ、拘束を使わない配置ツール『TriBall(トライボール)』などの独自機能により、すばやいモデリングが可能です。

パーツとアセンブリを同一に扱えるため、構想設計に適しており、アイデアをすぐ形にできます。

簡単なので、習得にも時間がかかりません。

装置・治具などの機械設計において、設計のスピードアップと大幅な工数削減が可能です。

  • フィーチャベースのダイレクトモデリング
  • アセンブリ作業に拘束は不要
  • トップダウン設計が簡単
  • 大規模アセンブリも軽快
  • データ互換性が高い
  • 中間ファイルも編集可能
  • DWG 互換 2D CAD 搭載
  • 連携ソフトウェアや、アドインも豊富